結婚指輪は左手の薬指以外でもいいの?

なぜ結婚指輪は左手の薬指にするの?

日本では一般的に「結婚指輪は左手の薬指にするもの」と言われています。実際に、夫婦の多くは左手の薬指に結婚指輪をしています。では、なぜ左手の薬指に結婚指輪をはめるのでしょうか。古代ギリシアでは、左手の薬指は「心臓につながる血管が通っている指」と言われ、命に近い神聖な指とされていました。そのため、その神聖な指に指輪をすることによって「永遠の愛を誓う」という意味がこめられるようになったと言われています。また、結婚指輪は常に身につけるのものなので、右利きの人が普段生活する際の邪魔にならない左手に指輪をするようになった、という説もあります。実際、左利きの人の中には右手に結婚指輪をしている人もいるようです。

結婚指輪は左手の薬指に限らない!

「結婚指輪は左手の薬指にする」ということは、世界の共通認識ではありません。外国の中には「結婚指輪は右手の薬指にする」という風習のある国もあります。キリスト教で「正義の象徴」と言われている右手の薬指に指輪をすることによって、永遠の誓いを表しているとされています。さらに、結婚指輪を足の指にはめるという国もあるようです。そのため、結婚指輪をするのは左手の薬指に限りません。何らかの理由で左手に指輪をできない場合は右手にしてもいいのです。中には指輪をチェーンに通して首から下げている、という人もいます。結婚指輪は常に身につけておきたいものなので、自分にとって一番いい身につけ方を見つけられると良さそうです。

ブライダルリングとは結婚するときに用意する指輪のことで、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング/ウェディングリング)の両方を指します。

© Copyright Only Have Ring. All Rights Reserved.